FC2ブログ

間違いを伝える言葉


先日、飼い犬「花」の散歩の途中、西東京市立柳沢小学校を通りかかった時にきれいなアジサイが咲いていたので撮りました。


アジサイ縮小 

犬が間違えた行動をした時や、して欲しくない行動をした時、「ダメだよ。間違っているよ。」と教える必要があります。

「ダメだよ。間違っているよ。」を意味する言葉を何にするか決める必要がありますよね。

2つの条件を考慮してその言葉を決めましょう。

一つ目は「短い言葉」にしましょう。
「ダメだよ。間違っているよ。」を伝えたい時は、即時性が求められますので短い言葉がいいです。

二つ目は「普段の会話であまり使わない言葉」にしましょう。
例えば「ダメ」という言葉で間違いを伝えることに決めたとします。犬を含め家族で同じ部屋にいた時に子供に対して「ダメ」と言った際に、犬も自分に言われたと思い「何が間違っていたの????」となって、混乱してしまいます。

候補として3つ挙げます
 「ノー」;英語の「NO」。
 「シー」:「し」の発音をするさいの舌と口の使い方をして、勢いよく息を吐き出す。
 「アッアッ」


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

基本的にはコマンド(命令)を連呼してはいけない

「コマンドを連呼」というのは、例えば「お座り、お座り、お座り」と同じコマンドを2回以上言うことです。

何故コマンドを連呼してはいけないかというと、例えば偶然に「お座り、お座り」と2回言われ、しっかりと「座る」行動ができて、ご褒美をもらったとします。

すると犬は「お座り、お座り」と2回言われることが「座る」という行動であると理解してしまうことがあるからです。

そのように理解した犬が1回だけ「お座り」と言われ座らずいた時に「ノー(その行動は間違っている)」と言われたら混乱してしまいます。

ですのでコマンドを連呼することは止めましょう。


ではどうしたら良いのでしょうか。1度コマンドを言って「行動を起こさない」又は「異なった行動をした」場合は「間違った行動をした」ことをしっかりと伝えて、要求した行動を必ず実行させましょう。

「間違った行動をした」ことを伝えることについては次回やりたいと思います。

そして要求した行動を必ず実行させることもとても大切です。

要求したことは最終的にやってもらうことを犬に分かってもらうのです。

間違ったことを指摘して終了していたら、犬はコマンドを聞かなければそれで済んでしまうということを学習して、行動を起こさない習慣がついてしまいます。



タイトルに「基本的にはコマンド(命令)を連呼してはいけない」、その「基本的には」を加えたのは、例外があるからです。

事故等の緊急性を要する事態に直面した場合には、「連呼」しますよね。

例えば、犬が崖の方向に勢いよく走っていったときです。

「待て」と一回言っただけで待てばいいですが、待たなかった崖から落ちて大怪我か死んでしまうことが明らかですよね。そんな時は、大きな声で言葉を強めて何がなんでも待てという気持ちで連呼します。

この件についてはまた、機会を見てお話したいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

初めてのトレーニングは気が散らない場所で

トレーニングに慣れていない場合や初めてのコマンド(命令)を教える時には犬にとって気が散らない環境でトレーニングを行いましょう。

初めは室内で開始するのがいいです。できれば愛犬と自分の1対1で。どうしても家族のいるところでやる場合、トレーニングと関係ない人は、できる限り愛犬の刺激にならないようにしましょう。

初めは犬の興味が自分しかないという環境下でトレーニングをするのがいいのです。

床に食べ物が落ちていたり、おもちゃが置いてあったりしないようにしましょう。もし、トレーニング開始してから犬にとって気になるもの、匂い、音等があったら、気にならないように環境を整えてから再開しましょう。

室内の落ち着いた場所でしっかりできるようになったら、場所を変えてトレーニングしましょう。その時、いきなり幼児がいたり、犬がたくさんいたりするような刺激が強い場所でやってはいけません。

徐々に刺激がある場所でのトレーニングに移行していくようにします。

犬は何か一つでも環境が変わる(刺激が追加又は変わる)と出来ていたことが出来ないことがあります。例えば、トレーニング場所を隣の部屋を変えるだけで、出来ていたことが出来ないことがあります。

犬は、これが当然であると受け入れましょう。新しい場所で、元の場所で教えたことを教えてあげてください。元の場所で教えた時よりも速く覚えてくれるはずです。

さまざまなコマンドをさまざまな場所でトレーニングする経験を積むと徐々に場所(環境)が変わることへの対応力が速くなってきます。

ですので焦らず、淡々と粘り強く進めましょう。上手くいかず、感情的になりそうなときは深呼吸をして落ち着きましょう。

タイトルと少し違う方向に話が進んでしまいましたね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

犬が自分に注目している時に命令を出す

ブログに何度か書いていますが改めて、トレーニング共通の重要事項として認識してもらうために書きます。

訓練がそれなりに入っている犬であれば状況にもよりますが、そっぽを向いているときでもコマンド(命令)に従ってくれます。

でも訓練が定着していない犬は自分以外に気が取られている時にコマンド(命令)を出してもほとんど従ってくれません。

意識が別のところに飛んでいるので聞く耳を持てないわけですよね。

基本はアイコンタクトをとって自分に注目させてからコマンドをだし、成功体験をたくさん積ませてあげましょう。
アイコンタクトについては、トレーニングをやり易くする3トレーニングをやり易くする4を参照してください。

犬にコマンドが効かずにいることを繰り返すとコマンドに従わない習慣・癖がついてしまいます。

ですので必ずコマンドを出す直前にはアイコンタクトがとれていることを条件にしてコマンドを出す習慣をつけましょう。

トレーニングは失敗させないことが重要です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

刺激に関して2

ドッグトレーニングでは刺激を如何にコントロールするかが重要なことの一つです。

先日、ここでお話する刺激とは、食べ物、人、犬、匂い、屋内、屋外等の全ての環境を指していることを言いました。

刺激を別の見方をしてみます。

刺激は、大きく分けて、快い刺激と不快な刺激になります。

刺激にはレベルがあります。(勿論、同じ刺激物であっても犬によって感じ方は異なります)

一言で快い刺激といって少し快い、とても快い等のレベルです。
例、チーズは好き、ボールはチーズより好き、レバーはこの世で一番好き

また、不快な刺激も同様に、少し不快、とても不快等のレべルです。
例、大人の男の人は嫌い、子供はとても嫌い、人に詰め寄られて威圧されることが一番嫌い

刺激のレベルは、距離を空けることで度合いを下げることができます。
例、嫌いない犬から10mのところでは、目線は嫌いな犬だが吠えない。嫌いな犬と5mのところでは吠える。

大きな声や音、突然犬の体を触る(インパクトある触り方をする)等は時としてレベルの高い刺激になり得ます。
大きな声はトーンでさまざま、音もさまざま、犬の触り方も両手でお尻を触る、かかとで横腹あたりをタッチする等さまざまあります。


刺激のコントロールは、
快刺激、不快刺激、それらに近づいたり遠ざかったり、大きな声や音、体を触る等あらゆる方法を駆使して刺激をコントロールします。
また、同じおやつであっても扱い方によってはレベルの高い刺激にもなるし、低い刺激にもなってしまうことがあります。オモチャも同様なことが言えます。

いろいろと考えて試してください。


予断ですが、散歩中に急に踊りだしたり、急にしゃがみ込んで苦しそうな声で「お腹が痛いよ」と言う、幼児のようにひっくり返ってダダをこねると犬が注目してくれますよ。

ちなみに夜の散歩中に踊りは試したことがあります。すぐに注目してくれました。


刺激のコントロールの一つのテクニックとして
例えば、飼い犬が散歩中に他の犬(刺激物)に視線がいってしまい上手に歩いてくれない時に、飼い犬と他の犬の間に自分の体を入れることで視線を遮ります。

遮ったその瞬間にできる限りの高い刺激を提示して犬を自分に注目させて引き寄せます。引き寄せる際に他の犬から遠ざけるようにします。本来であればビデオ撮ってアップすればいいのですが、うちはまだテープのビデオ(12年前のやつ)なもので。

いろいろと書きすぎて、分りづらかったかもしれませんね。質問があればしてください。

それとこのような切り口で記述したのが初めてですので、抜け等があればご指摘ください。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

検索フォーム
プロフィール

advance toshiro

Author:advance toshiro
須賀川敏郎(スカガワ トシロウ)と申します。
1965年9月20日生まれ、西東京市でドッグトレーナーをやっています。

リンク
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR