FC2ブログ

トレーニングをやり易くする3

今日はトレーニングをやりやすくするの3回目になります。アイコンタクトについて記述します。

アイコンタクト

1.アイコンタクトとは
ハンドラー(飼い主さん)が犬の名前を呼ぶと視線を合わせてくること。

2.用途
①アイコンタクトができると、あらゆる環境下でハンドラーに注目ができるようになります。ですのでさまざまな コマンドを聞ける状況を作れるようになります。

②アイコンタクトによって犬が興奮してしまうような対象物からハンドラーに注目を移すことで興奮させないよう にするトレーニングで利用できる。


アイコンタクトはハンドターゲットと並んでトレーニングを進める上での基本中の基本になります。

アイコンタクトとは脱線しますが、
どのトレーニングでも新しい事を覚える時は刺激の少ない集中しやすい慣れた自宅等から始めるのがいいです。徐々に刺激の強い場所へと変えていきます。最終的な理想は犬や人がたくさんいるところでしっかりとコマンドどおりの行動ができるようになる事です。

また、犬はトレーニングする場所が変ったり、場所は同じでも模様替え(カーテンを変えた、家具の位置を変えた等)したりすると出来ていたことができなくなるケースがあります。このような事は普通に起こります。犬は環境の変化に対応することが下手なだけです。残念に思わないで、トレーニングレベルを少し落としてやり直せば、思い出してくれます。さまざまな環境下でトレーニングをするようになると、環境に影響されることが徐々に減ってきます。


明日は、アイコンタクトの教え方を記述します。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

advance toshiro

Author:advance toshiro
須賀川敏郎(スカガワ トシロウ)と申します。
1965年9月20日生まれ、西東京市でドッグトレーナーをやっています。

リンク
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR