FC2ブログ

トレーニング シット(座れ)

今日はトレーニングの基本中の基本、シット(座れ)について書こうと思います。ほとんどの方が知っているとは思いますが。


1.シットはどんな時に使えるか
①短い時間、犬に待たせる場合に使うと便利です。
 散歩中の短時間の挨拶、排泄物を拾う時、犬を短時間待たせて何かをやる(靴を履く等)、散歩に行く際に興奮 を抑える時、飛びつかなくさせる為に座らせる等。

②興奮する原因となる対象物に慣れさせるトレーニングの際にアイコンタクトと併用して利用する。詳細は別の機 会にします。


2.教え方
step1
①犬は立った状態にします。

②犬の鼻先にご褒美を持った手を差し出し、犬の耳と耳の間くらいまで手を上方に動かすと、犬は上方を見ながら 自然と座ることが多いです。座ったら即座に褒めてあげて、ご褒美をあげます。尚、step1では「シット」等 の命令は、発しません。ご褒美による誘導のみになります。

Point
ここでは鼻先と褒美の距離、それと手を上方に動かすスピードがポイントになります。教えたい犬に一番合った鼻先とご褒美までの距離を見つけます。鼻先にあまりにも近すぎるとご褒美に食らいついてしまって上手くトレーニングができません。犬が我慢できて且つ、ご褒美を追ってくれる距離を探します。また、手を動かすスピードは速すぎるとご褒美を追ってくれません。遅すぎるとご褒美に食らいついてしまうことがあります。丁度いい距離と速度を見つけましょう。

もし②で座らずに後ろに下がってしまうのであれば、犬の真後ろが壁になる場所でトレーニングしましょう。物理的に後ろに下がれないようにすれば座ります。


step2
①やり方はStep1と同じでご褒美を手に持たずに行います。座ったら即座に褒めてあげて、ご褒美をあげます。こ こでも「シット」等の命令は発しません。ハンドシグナルのみでトレーニングします。

②ハンドシグナルを徐々に小さくしていきます。最終的に手のひらを上にして下から上に手首のスナップを利かせ る程度(ハンドシグナル最終形)でシットが95%成功するようになるまでトレーニングします。(厳密に95%に拘 る必要はありませんので)


step3
このトレーニングから「シット」と声を付けます。
①犬は立った状態にします。

②「シット」の命令を出したら、即座にシットのハンドシグナル最終形を提示します。座ったら即座に褒めてあげ て、ご褒美をあげる。
※ここで「シット」という言葉が「シットのハンドシグナル最終形」を意味している事を認識させます。

Point
「シット」という命令を声に出すこととシットのハンドシグナル最終形を提示する行為を同時に行ってはいけません。同時にやってしまうと犬の頭は混乱してしまい、「シット」という言葉と「シットのハンドシグナル最終形」の関係性を理解しづらくしてしまいます。


step4
「シット」の命令とハンドシグナル最終形の関係性についてわかってきた様子であれば、「シット」の命令の後に少しだけ間を入れてハンドシグナル最終形の提示をします。徐々に間を長くとるようにしていきます。


step5
最終的にハンドシグナルを無くして「シット」の命令だけにします。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

advance toshiro

Author:advance toshiro
須賀川敏郎(スカガワ トシロウ)と申します。
1965年9月20日生まれ、西東京市でドッグトレーナーをやっています。

リンク
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR