FC2ブログ

散歩と行動制限について

昨日に引き続き「愛犬を楽しませ、安心させる、信頼関係を構築する方法」の2番、3番目になります。



2.散歩は質です

ここで言いたい散歩とは飼い主さんと歩く散歩だけではなく、広場やドッグランで遊ぶことを含めています。

犬を走らせて体力的に疲れる散歩。犬とハイキング。トレーニングしながらの楽しい散歩。ドッグスポーツ(アジリティ・フライングディスク等)をやる。ものやおやつを探させるゲームをする等。

外の空気を吸って、しっかりと気晴らしができる散歩にしましょう。

体が疲れるか、脳が疲れるようにしましょう。

散歩は必ず飼い主さんが主導権を握ります。

散歩コースを愛犬に決めさせてはいけません。

また、おしっこは2、3回すれば十分です。これ以上はマーキングであると考えましょう。

犬は匂いを嗅ぐことが大好きです。匂いを嗅がせることは愛犬のストレス解消につながります。
但し、匂い嗅ぎを好き勝手にやらせると、限がありません。飼い主さんの判断でしっかりと匂い嗅ぎをコントロールしましょう。例えば、この場所では匂い嗅ぎ等、自由にさせてあげる。

匂い嗅ぎについては、おやつを探すゲームを取り入れるとしつけも出来て、ストレス解消にもつながります。
詳しくは「くんくんゲーム(GAKKEN)(dogship代表 須崎 大 監修)」を読んでください。
雨等で散歩に行けないときは、おやつ等を探すゲームや知育玩具で頭を使わせると脳が疲れます。



3. 行動制限

家の中を愛犬がどこにでも入っていい状態にしてはいけません。例えばキッチン、寝室、和室には入らせない、柵のようなもので物理的に規制する。廊下や玄関は通る必要性はありますが敢えて、飼い主が許可してから入らせる。

大事なことは、飼い主が愛犬の行動ルールを決める。そのルールを飼い主さんが守らせようとする。その行動が愛犬に伝わる。そして従うようになることです。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

advance toshiro

Author:advance toshiro
須賀川敏郎(スカガワ トシロウ)と申します。
1965年9月20日生まれ、西東京市でドッグトレーナーをやっています。

リンク
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR