FC2ブログ

おやつが欲しい時の大興奮も。。。

まずは、お知らせです。

昨日記述を漏らしたので。
セミナー対象を「飼い主さん向け」から「犬好きな人」に変更しました。

理由としては、犬をよく知らない方であれば誰でもいいのです。一番身近なペットである犬はこれからも増えると予想されます。
最近、建築中のマンションはペット可のところが多いと聞いています。

ですのでこれからの犬社会を迎える上で(少しオーバーな表現ですか?)犬の接し方・扱い方を頭の片隅に入れておいたほうがいいと思うからです。

犬好きな人向け「無料セミナー」

テーマ:「飼い主さんの接し方・扱い方で愛犬が変わる基本行動」

講師 須賀川敏郎(ドッグトレーナー)
日時 平成25年10月6日(日)14時~16時
場所 南町地区会館(東京都西東京市南町2-21-9)
   1階 会議室
料金 無料
対象 犬好きな小学4年生以上

申込みについて
電話  (自宅)042-461-3880 ⇒ 子供が電話にでることがあります。 
    (携帯)090-5782-0460 ⇒ 本人がでます。
メールアドレス t-sukagawa@jcom.home.ne.jp
件名      10月6日(日)無料セミナー
お名前、参加人数をお知らせください。

各種問い合わせも受けつけています。
尚、愛犬は入場不可となっております。お留守番させてください。



おやつを使ったトレーニングで困ることの一つに、犬がおやつが欲しくて興奮しすぎてしまう子がいます。

犬の前に立っておやつを見せます。

犬は大興奮。

話しかけない、自分から触らない、目を合わせません。
原則、体は動かさない。犬に押されて動いてしまったら元の位置に戻ります。

犬が静かになって目つきがおやつ頂戴と言っていないリラックスした状態になるまで待ちます。

そうしたらおやつを見せます。

そして興奮しなければ、おやつをあげましょう。

また、興奮したら先ほどと同じ対応をとり前述したリラックス状態になるまで繰り返します。


初めは時間がかかるワンちゃんもいますが、結構すぐにできる子もいます。

くれぐれも犬のしつこさに負けないように!

「落ち着いた毅然とした態度」で臨みます。

「また、その言葉かよ」って感じですね。

でも結局のところトレーニングは人間の
「落ち着いた毅然とした態度」なんです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

おやつは太るか?

お知らせです。

犬好きな人向け「無料セミナー」

テーマ:「飼い主さんの接し方・扱い方で愛犬が変わる基本行動」

講師 須賀川敏郎(ドッグトレーナー)
日時 平成25年10月6日(日)14時~16時
場所 南町地区会館(東京都西東京市南町2-21-9)
   1階 会議室
料金 無料
対象 犬好きな小学4年生以上

申込みについて
電話  (自宅)042-461-3880 ⇒ 子供が電話にでることがあります。 
    (携帯)090-5782-0460 ⇒ 本人がでます。
メールアドレス t-sukagawa@jcom.home.ne.jp
件名      10月6日(日)無料セミナー
お名前、参加人数をお知らせください。

各種問い合わせも受けつけています。
尚、愛犬は入場不可となっております。お留守番させてください。



私はおやつを利用してトレーニングをすることが多いです。

そして、頻繁におやつをあげます。

ですのでよくお客様から「おやつをあげると太りませんか?」と聞かれます。

私は「おやつを食べた分を、本来の食事から減らせば大丈夫です」と答えます。

どうしてもカロリーが気になる人は計算すればいいですよね。

私はまず、便の状況を見て食事の調整をします。ここは大体、問題なくクリアします。もうひとつが普段からの体重の管理をしっかりとすればいいだけです。

この程度のことをして、トレーニングをすることで愛犬がお利口になるなら全然OKですよね。

例えば、「お座り」が完璧に近くできるようになったら、普段、食べているフードをおやつ代わりに使えれば管理しやすくなります。一日分のフードを朝一で容器にとり、そこからおやつとして使えば、残りが食事用フードになりますよね。


獣医師でドッグトレーナーのイアンダンバー博士は愛犬のフード容器は2歳になるまで使わないと言ってました。

何故でしょう。

2歳まではトレーニングやゲーム(遊び)の時のご褒美として食べさせるおやつが食事なるわけです。

これ程、トレーニングの時におやつを使う方もいます。そして太らせないのです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

当店のドッグホテルの考え方

初めにお知らせをさせてください。

飼い主さん向け「無料セミナー」

テーマ:「飼い主さんの接し方・扱い方で愛犬が変わる基本行動」

講師 須賀川敏郎(ドッグトレーナー)
日時 平成25年10月6日(日)14時~16時
場所 南町地区会館(東京都西東京市南町2-21-9)
   1階 会議室
料金 無料
対象 一般飼い主さん向け(小学4年生以上)

申込みについて
メールアドレス t-sukagawa@jcom.home.ne.jp
件名      10月6日(日)無料セミナー
お名前、参加人数をお知らせください。

各種問い合わせもメールにて受けつけます。
尚、愛犬は入場不可となっております。お留守番させてください。



私のホームページのホテル・預かりのページに「早朝・深夜のお預かり・お迎えについては、事前に予定を伝えて頂ければ、対応致します。」と書いてあります。

早朝って?深夜って?という疑問に思う方がいますよね。

私が死ぬほど忙しくなければ何時でもOKなんです。

理由は、飼い主さんの気持ちに応えられるドッグホテルにしたいからです。

泊りで出かける時って朝早く出発して、帰宅時間は夜遅くなることが多いのかなと考えました。

例えば人間が朝5時に出発して、翌日22時帰宅となった場合。

営業時間が8時~20時のドッグホテルの場合、人間が1泊2日であっても犬は3泊4日になることが考えられます。あたりまえですが料金は3泊分です。

当店では、愛犬と少しでも長く一緒に居たいという気持ちを考えて出発当日にお預かりして帰宅当日にお引き渡しをできるようにしています。料金は2泊分です。計算方法はホームページを見てください。

また、愛犬の無料送迎もやっています。お店からの距離、ホテルご利用期間や当店ご利用実績等を考慮して無料送迎できるかを判断致します。当店ご利用実績がなくても距離が近ければ無料送迎しています。

只、当店は私が一人で仕事をしていますのでいつでもご希望の時間どおりにサービス提供できることができません。例えば13時に迎えに来て欲しいと飼い主さんから依頼を受けた時に13時からトレーニングが入っている時は12時にお迎えに伺って料金は13時から発生のような調整をさせて頂くこともあります。

原則、クレートでのお預かりですが、愛犬の性格等を考慮して、できるだけフリーで遊ぶ時間をお作りしています。勿論、散歩はしますよ。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

お散歩が嫌いって本当?~2~

初めにお知らせをさせてください。

飼い主さん向け「無料セミナー」

テーマ:「飼い主さんの接し方・扱い方で愛犬が変わる基本行動」

講師 須賀川敏郎(ドッグトレーナー)
日時 平成25年10月6日(日)14時~16時
場所 南町地区会館(東京都西東京市南町2-21-9)
   1階 会議室
料金 無料
対象 一般飼い主さん向け(小学4年生以上)

申込みについて
メールアドレス t-sukagawa@jcom.home.ne.jp
件名      10月6日(日)無料セミナー
お名前、参加人数をお知らせください。

各種問い合わせもメールにて受けつけます。
尚、愛犬は入場不可となっております。お留守番させてください。


昨日の続きです。
いつもの散歩コースが普通に散歩できる程度の子であれば、私が散歩に連れ出せばいつも行かない道でもそれなりに歩きます。

「こんなに歩いたの初めて」という飼い主さんもいます。

私は特別な何かをしているわけではありません。

伏せて踏ん張って拒否されたら、「行くぞ!」という気持ちで、リードを少し緩めてカツンとすばやく引っ張ることを2,3回連続でやります。

動かなければカツンを少し強めにしてやります。カツンの強さはあまりにも強くやりすぎたら、怖がってしまう可能性があります。弱すぎたら歩いてくれません。自分でいろいろと試してみることです。

只、リードでカツンはやり方の一つであります。別のやり方もあります。その子にあった方法を工夫して探せばいいだけのことです。

こんなトレーニング方法より、もっと大切なことはトレーニングのさいの気持ちです。
『伏せて踏ん張って拒否されたら「行くぞ!」という気持ちで・・・』と上に記述しましたが、これが重要なのです。

声を出して「行くぞ!」、「ほら、こっちだよ!」等と言ってください。
何がなんでも犬をやる気にさせようという「気持ち」と「声掛け」が重要です。このような状況下では犬によっては、気持ちを盛り上げるために高い声を出して誘ってあげてもいいと思います。

「あっちに行くと楽しいことがあるよ」っていう感じですね。


「xxちゃん大丈夫だから。」という言い方はNGです。
「大丈夫だから」という言葉を使う人のほとんどは、愛犬の怖いという不安に同情しての気持ち、声掛けであることが多いのです。

犬は不安に思っている人を信頼しませんので結果として歩いてくれないわけです。


結局のところ「落ち着いた毅然とした態度」が大切なんです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

お散歩が嫌いって本当?

初めにお知らせをさせてください。

飼い主さん向け「無料セミナー」

テーマ:「飼い主さんの接し方・扱い方で愛犬が変わる基本行動」

講師 須賀川敏郎(ドッグトレーナー)
日時 平成25年10月6日(日)14時~16時
場所 南町地区会館(東京都西東京市南町2-21-9)
   1階 会議室
料金 無料
対象 一般飼い主さん向け(小学4年生以上)

申込みについて
メールアドレス t-sukagawa@jcom.home.ne.jp
件名      10月6日(日)無料セミナー
お名前、参加人数をお知らせください。

各種問い合わせもメールにて受けつけます。
尚、愛犬は入場不可となっております。お留守番させてください。




よく飼い主さんから「うちの子は散歩が嫌いであまり歩かないんです。」
という声を聞きます。

「いつもの道以外を通ろうとすると絶対に歩かないんです。」
等と言う。

何でこうなってしまったのでしょうか?

原因は飼い主さんが、散歩させなかったからです。

「え~、私が悪いの?」という声が聞こえてきそうですね。


全てがお散歩デビューの時に関係するとは言えませんが、

お散歩デビューの時に全然歩かない。

少しだけ歩く。

怖がりながらも何とか歩いてくれる。

このような状況を見てこの子は散歩が嫌いと決めつけてしまう方がいます。

勿論、あれやこれやと手を尽くして頑張った方もいるかと思いますが。

結局のところ飼い主さんは愛犬があまり歩かないので諦めてしまい、散歩にでる機会が少なくなったり、時間が減ったりしてしまうわけです。

そしてようやく歩けるようになった散歩コースだけを散歩するようになるのでしょう。しばらくして、いつもの散歩コース以外に行こうとすると恐いので嫌がります。嫌がるなら知らない道を歩かせなくてもいいだろう、という気持ちになるのでしょうか。

飼い主さんが愛犬の外に対する恐怖・不安に同情してしまい、愛犬は勇気を出せないだけなのです。


今日の1回で書き終えるつもりでいましたが、長くなりそうなので
次回に続くにさせてもらいます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ ← ポチっと押してくれませんか
にほんブログ村

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

検索フォーム
プロフィール

advance toshiro

Author:advance toshiro
須賀川敏郎(スカガワ トシロウ)と申します。
1965年9月20日生まれ、西東京市でドッグトレーナーをやっています。

リンク
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR